タグ:C Biogon 4.5/21 ZM ( 3 ) タグの人気記事

撮り歩き

f0312912_15342099.jpg
最近の週末は、カメラを下げて撮り歩いている。
帰ってからその日の収穫を確認しているときに流す音楽が心地よい。
これが100%音楽・オーディオが趣味だったつい最近までは、
午前中から音量を上げて没入しながら一日中聴き込んでいた。
どちらかと言うと今のスタンスの方が健全だとは思う。

奮闘を続けたオーディオシステムも一定のまとまりが出て、
音に不満もなく気持ちよく鳴っている。
コレクションが先行して聴き込んでなかったCDをきちんと聞き返したりして
まことに正しいオーディオスタイルな気がしてる。

ただ、一旦新しい物への興味(機器・ソース)が沸き上がると
堪え難い衝動に駆られて再び熱中してしまうのも簡単に想像がつく。
オーディオ的には、今はちょうど良い休憩期間だと思っている。

by higemegaongaku | 2014-04-14 15:51 | 写真・カメラ

オーディオとカメラ

f0312912_00031840.jpg
オーディオを趣味として始めたとき、写真との色々な類似点に気がついた。
デジタル音源と画像データ、どちらも解像度が高ければデータ量が肥大する。
アナログ音源とフィルム、優しさや温かみの部分で近いものを感じる。

個々の機器が持つモノとしての魅力もそう、精緻な質感や使い心地に機能美。
ハイクラスのものは、どちらも相応の佇まいを持っている。

ただ、目で見るデジタル画像は、ピクセル数などの数値性能が多くの人に分かりやすい。
高感度撮影でのノイズの少なさや連射速度なんかもそうだ。
その点、オーディオはハイレゾが絶対に上と言い切るのが難しい気がする。

最初は、写真はカメラの性能以上に撮り手の想像力や技量が大切だが、
オーディオは何を買うかの判断が決め手だと思っていた。
今考えるととても恥ずかしいが、それは全くの間違いだった。

機器やケーブルの組み合わせに、室内環境を考慮したセッティング、
アーティストに対する想いを音として再現する様々なノウハウ。
聞く側の感性も経験も多いに問われるので決して易しい趣味ではない。
あとお金もかかるが、そこもカメラと同じ。。



by higemegaongaku | 2014-04-02 00:51 | 写真・カメラ

新しいカメラ

f0312912_21000710.jpg
新しいカメラを手にしたので、久しぶりに写真を撮りに出かけた
インド用に買ったDOMKEのカメラバッグに詰めるのは、SONYのフルサイズミラーレス「α7」。
急に思い立って買ったから、ストラップは手持ちの「Nikon F2」に付いていたのを移植した。
f0312912_21102564.jpg
Nikon Fマウントの「Planar T* 1.4/50 ZF」をマウントアダプタ経由で試写。
黒々とした被写体でこれぐらい諧調が出てれば十二分に満足。
全然使ってないけど、写真下の「Zweiss Ikon」は本当に格好良い。
こんな形のミラーレスがあるとなお良いんだけど。

そして、写真を撮りに行ったということは、音楽を聴いてないということ。
一方は外を出歩く趣味、もう一方は家でゆっくりする趣味。
相反するのでどうパランスを取るかが難しい。。


by higemegaongaku | 2014-03-23 21:20 | 写真・カメラ