タグ:B&W CM5 ( 8 ) タグの人気記事

Vienna Acoustics Mozart Grand Symphony Edition の1

f0312912_23105052.jpg
頭の中をいくつかの機種がめぐりながら、つよい衝動とともに手に入れてしまった
自分にとって「かなり高級」なオーストリアのスピーカー

聞き始めたばかりのクラシックにウエイトを置きつつ、大好きなジャズヴォーカルを聴くために。
お気に入りだけど硬質な印象のブックシェルフ「B&W CM5」とはまた違う、
「柔らかで」「澄みきっていて」「温か」な音質を求めて。

メインシステムの「SOULNOTEセット」より大幅に劣るであろう「TEAC+HEGEL」チームの
ウィークポイントを十分に補いつつ、新しい体験をさせてくれるようなトールボーイタイプで、
出張の長時間運転で疲労した心と体をアコースティックに癒してくれるようなスピーカー。

そんなイメージを思い浮かべながら決定したのがこれ。
ブランドネームに「Acoustics」と入っているし、まさかに刺激的な音は出ないだろうと視聴にGO。
プレーヤーやアンプは聞き慣れたSOULNOTEで行いたかったが、
今は無いということなのでラックスマンの上位機種プリメインの組み合わせ。
SOULNOTEと大分違う方向のメーカーではあったけど、値段も立派なら音もたしかに立派。
持っていたスールヴァイグ・シュレッタイエルのCD「DOMESTIC SONGS」が、
とてつもなく素晴らしい美音で視聴室に鳴り響く。

ラックスマンの影響大きいよな。。と思いつつアンプのみ方向性が異なるプライマーに変えてもらう。
「これ同じスピーカーか!?」と驚くほどの音の変化に戸惑いながら、
スピーカー独自の音の色づけでなく、上流の変化を意外なほど反映してくれることにいたく感心。
事実、CDプレーヤーとアンプ間のRCAケーブルの変更でも相当に音の変化が認められた。

せっかく思い切った買物をするのだからと、他にもより高額なディナウディオ「FOCUS 380」を
アトールのCDプレーヤーとプリメインアンプの組み合わせで聴かせてもらう。
音の印象は「実にまっとう、実にダイナミック」、でも今回はそんなストイックさは必要ない。
次に豪華なエンクロージャーを纏ったB&W「805 Maserati Edition」をクラッセとの組み合わせで聴く。
アンプが温まってないと聴かされてはいたものの、期待した印象より遥かに音が硬い。

どちらにせよ、店に入る前から心は決まっていた。どうしようもないぐらい期待と異ならなければ、
古くも新しくもない佇まいと質感、六畳間でギリギリサイズのトールボーイ「Mozart」で行こうと。
鳴らしはじめてまだ十何時間ぐらいだろうか。部屋の調音はまだこれからだけど、
何回か試して決めた設置位置は、後壁との距離約30cm、左右壁との距離はカーテンのある右が77cmで、
壁が一部へこんだ左が130cm。スピーカー間の距離が175cmで、視聴位置との距離は175cm。
スピーカーの存在感がかなりあるが、ずっとやってみたかった正三角形のポジション。
f0312912_23104703.jpg
「Mozart」が来る前に、B&W「CM5」とTEAC「AG-H600」をつないでみたが、
「やせて、乾いて、詰まった」その音に一気に不安が訪れていた。
しかし、「Mozart」が来てみると、それは杞憂にすぎなかったことにすぐ気づく。
「オーディオの要は音の出口となるスピーカー説」を実感できる広い音場と、澄んだ高音に厚い中低域。
おかげで我が家のメインであった寝室セットが、王者の座からずり落ちてしまった。
スピーカーの性能もそうだろうが、オーディオに特化した部屋のレイアウトも大きい。
こっちは、こっちで家具やスピーカーの設置を見直してしっかり返り咲かないと。。



by higemegaongaku | 2014-07-24 00:36 | スピーカー

一致団結

f0312912_22265132.jpg
オーディオシステムに手を加えると書いていて、今現在何もしていない。
何かしようと思った矢先に、何か音が急によくなってきた気がしている。。
何を馬鹿なと自分でも思うが、すべての機器が一致団結したかのようによく鳴っている。

気温? 湿度? エージング??

理由は全く不明だが、誰かが交換される危機を皆が助けているような…
不安定だったMacMiniまで相当に安定してきて、当面の不満がなくなってしまった。
電源を入れてすぐでなければ、CM5も滑らかできれいな高音を出してくれている。
固いなと感じていたのがちょっと嘘みたい。

ということで今は猛烈にAmazonからCDを購入している。
ここ2ケ月一枚も買ってなかったからまるで堰を切ったみたい。
内訳はラテン女性ヴォーカルを中心に、久しぶりにロック。
「Cocteau Twins」「Everything But The Girl」「My Bloody Valentine」とか
若い頃手が回らなくて聞きそびれていたミュージシャンたち。

なかでも「The Blue Nile」は、もっと早くに聴いていれば良かったというか、
今さら聴くという出会いがいいのか分からないが本当に素晴らしい。
2ndの「Hats」を買ったが、残りすべてのアルバムも注文してしまった。
逆にもともと好きな「Pixies」や「Prefab Sprout」の新譜は、
ピンとこないというか買わなくても良かったかと後悔中。


by higemegaongaku | 2014-05-26 23:08 | オーディオ全般

次の一手

f0312912_22593279.jpg
前回書いたようにMに褒めてもらった我家のオーディオセットだが、
何か手を加えたい気持ちが出てきてしまっている。
「SOULNOTE sd2.0」のエージングに約半年、
「B&W CM5」などは、一年かかって今からが本調子であるかのように鳴っている。

低音・高音のバランスだとか、大きく目立つ欠点は大体潰してきたので、
さらに細部のセッティングに目を向けるか、大きく揺り動かすか悩むところ。
アクセサリー類を交換してみる、いずれかの本体機器を入れ替える等々、
方法は色々だろうが、かえってバランスを崩すのも嫌なので悩ましい。

こじんまり音がまとまった、こういう時ほど危うい状態な気がする。


by higemegaongaku | 2014-05-12 23:16 | オーディオ全般

来客

f0312912_23001912.jpg
以前書いてそのままになっていた旧友Mが、GW期間中に遊びに来てくれた。
オーディオ歴の長い彼に、我家のシステムをジャッジしてもらうのが目的だ。
「CD持ってきた?」「うん、これ」
たっぷり持参してきてくれた枚数から本気度が伺える。

さっそく試聴スタート。実はどれだけ辛辣なコメントをもらっても動じないつもりだった。
自分はまだ初めて数年で色々な機種を機器比べた訳ではないし、セッティングの経験も乏しい。
本当に言い訳の準備でなく、真摯に彼の意見を今後に役立てたいと思っていたのだ。 
また、20年をゆうに超える付き合いの中で、Mが素直に褒めない男であることも知り尽くしている。

最初にかけたのは自分の知らないオールドジャズ、 こういう古めの音源は、
少し耳について自分のシステムが苦手とする分野だ。
続いてクラシックに松田聖子と様々なジャンルのCDが続く。 
自分の良く聴く、新しいピアノトリオやジャズヴォーカルも聞いてもらう。

一通り聴いて彼の下したジャッジは、予想と全く異なる答えだった。 
「すごく、いいね」「え?」「いいよ」「音少しきつくない?」 
「解像度は高いけど、きつくはない、ブックシェルフなのに低音もしっかり出てる」 
うーん、あまりに想定外の答えに喜ぶよりも困惑してしまった。

ジャズでもボサノバでも、女性ヴォーカルはクリアで好ましいが、
  一番好きなピアノの音が、イメージよりも固い。同様にトランペットやサックスも少しキツい。
 ちょっとマクロレンズ入ってるというのが、自分のシステムに対していだいていた印象。
彼に言わせると「CDに入っている音が全部出ていて好ましい」という。
なんか自分が自分のシステムを信じきれていなかったみたいで情けない。
ちなみに彼は「B&W」に関しては、元々キツいイメージを持っていたが、
 今日ここで聴いてキツくはなくて、低位が優秀だと感じたと言ってくれた。 
「SOULNOTE」に関しては何の知識も持っていなかった。

互いに単独DACも使っているが、音源はPCよりCDの方が音が良いというのは共通した意見。
最後に自宅のシステムと聴き比べるため耳に覚えさせると言って、

二人とも持っているHalie Lorenのアルバムから「My Rainbow Race」を聴いて、Mは帰って行った。

筋金入りのニヒリストからの意外極まりないお褒めの評価。 
数日経って、ようやく素直に嬉しいと思えはじめている。 
自分にとっては誰に褒められるより大きな影響力がある男である。
SOULNOTEにB&Wで良かった、経験が浅いなりにセッティングを詰めてきて良かった。
そう思うと段々と音もキツく感じなくなくなってきた。
持ち主の方は実にいい加減だ。


by higemegaongaku | 2014-05-07 00:03 | オーディオ全般

休日のオーディオ

f0312912_22090242.jpg
撮影から帰ってきてから音楽を聴くと前よりずっと良い音に感じる。
そろそろ1年経つCM5がいよいよ熟れてきたか、
年末に入れたsd2.0のエイジングがすっかり落ち着いたか。
大事な耳を休み休み使っているからか。

いずれにせよ、聴き込んでいなかった多量のCDにじっくり没頭している。
ボックスセットで買ったのに殆ど聴いてなかったマイルスとか。。

by higemegaongaku | 2014-03-30 22:19 | スピーカー

オーディオって

f0312912_22032956.jpg
オーディオの輪が広がらない、、最近とみにそう思う。

車とカメラにロードバイク、今までやって来た趣味はそれを通じて交流も広がった。
運転歴26年で車は8台、2台前まではホイール交換はもちろん、車高調で5mmの差にこだわったり、
理想の吸・排気音を求めてフィルターやマフラーも変えていた。
車好きの仕事仲間やクライアントも多いので、酒を飲みながらあーだこーだと会話も弾んだ。

カメラは、デジタル一眼4台にフィルムカメラ5台を現有し、レンズも30本近く買った。
週末毎に朝5時に起きて人気の無い渋谷や銀座を撮ったし、動物園にも熱心に通った。
友人に教えたり、事務所のスタッフと連れ立っての撮影にも出かけた。

ロードバイクも1年目で3台購入し、数年前までは毎週のように走っていた。
いつの間にか10人近いチームになり、都内から湘南や山中湖にも出かけた。
(あまり走らない割に飲み会だけは今もコンスタントに行っている。。)

その点一人で聴き浸るオーディオは不利だ。
相手が女房や恋人でも、相当趣味が近くないと一緒に聴き続けるのは難しい。
となると、各々が自宅で体感した音にまつわる発見や、気に入ったアーティストの紹介を
酒の席で話題にするか、相手の家に遊びに行くとかだろうか。
いずれにせよ、ちょっとスケールが小さいかな。。
車やロードバイクは連れ立って走りに行けるし、写真はブログやSNSでの発信や交流がしやすい。
写真展も頻繁に開催されてるし、旅先で見かける年配の同好会の方々も一様に楽しそうだ。

オーディオは視覚と違って共有しにくいのもあるが、何せ食いつきが弱い。
カメラやロードバイクは、身近な人がやっているなら自分も! とすぐに伝染した。
入門機でいいと呟いていた知人たちも、気がつけば立派な一眼レフをかまえたり、
派手なロードバイクのウェアに身を包んでいる。思うに比較的早期に2〜30万程度は使っているはずだ。

「イヤホンって3,000円以上するのもあるんですか?」
立派なロードバイクにまたがる女子が漏らしたこの一言が如実に物語っている気がする。
「高いし、場所取るし、、」そうは言うけどそれはロードバイクも同じで、
スペース的にはオーディオより邪魔になってるでしょうが。。

以前ネットで読んだ「ザ・ステレオ屋」さんの考えやイベントが非常に印象に残っている。
実家のオーディオ屋をついだが、およそ女性にモテそうにない業界に失望されたこと。
それゆえ自らが企画し、メーカーや販売店と協力してスマホやiPodを持った人たちに、
質の高いオーディオシステムで好きな曲を自由に聴いてもらう内容だったと思う。
彼自身の好むジャンルがヘビーメタルというのも素敵に感じた。

ロックやソウル、ファンクにハワイアン、演歌にサンバにガムラン。
ジャズやクラシック以外にも音楽の数だけオーディオ機器の需要はあるはず。
自分もオーディオの雑誌にポータルサイト、熱心な方のブログを読むのは大好きだが、
このままだと行き詰まっていつかつまらなくなりそうでちょっと怖い。
だからこそ「ザ・ステレオ屋」さんの意義深いアプローチは輝いてみえた。

10年前に今のマンションを買ったとき、新しい暮らしへの夢とともにオーディオ機器を買おうと思った。
買う前から決めていたブランドは「バング&オルフセン」。
何よりもインテリアとしてのプロダクトデザインが群を抜いて美しかった。
ウキウキ気分で六本木AXISのショールームに足を運び、何とか買えそうな「BeoSound1」を試聴した。
アコースティックギターの調べが流れる店内で、お洒落なお姉さんに声をかけて、
トレイに入れたCDは、アヴェレージ・ホワイト・バンドの「Feel No Fret」。

「とてつもなく合わねぇ!」

お気に入りだった6曲目「Atlantic Avenue」のサンバ調のリズムが、
BeoSoundの特性とも、店の雰囲気とも怖いほど真逆に感じられた。

今度は大好きなソウルミュージックを鳴らすシステムを求めて量販店に行く。
店員さんが勧めるのはONKYOの高級風なミニコンポで、
鮮やかな音色に一瞬耳を奪われたが、見た目が死ぬほどダサい。

その近くに置いてあったのが「American Sound System」という
どうなの? 的な名前のBOSEのミニコンポ(つかミニコンポしか置いてない)。
音質的にはONKYOより悪く感じたが、見た目もマシで、出てきた音のノリが
他の2機種よりはソウルに合っていると感じたので購入。

スタンドまで入れた「BeoSound1」の金額は確か26万ぐらい、
当時の自分としては分不相応な数字だったが見た目が素敵なので音が好みなら買いたかった。
ONKYOのコンポは15万ぐらいだったと思うが、あれを家に置くことは考えられなかった。
BOSEのセットは10万ぐらいだったろうか。見た目も音も妥協したので愛情は持てなかった。

予算も使い切れず、いい音も手に入れられなかったその後は、
ミュージックライフ的にもオーディオライフ的にも無味乾燥なものだった。
あのときオーディオ専門店に行っていたら違っていたのかもしれないが、
オーディオの知識を持たず雑誌も読まない自分にはその発想も浮かばなかった。

でもオーディオ業界の方も、オーディオファイル以外に目を向けないから
音楽好きでオーディオに興味を持ち始めた新しいカスタマーを逃していたと言えるかも。
「NAVI」や「ENGINE」などの車雑誌には必ず「洋服」や「腕時計」、
旨い料理店や趣味の良いドライブ旅行が紹介されていて広がりがあった。
カメラ雑誌だって「CAMERA MAGAZINE」なんかは、写真家と作品のエピソード、
趣味で写真を撮るという人生観が素晴らしい文章とともに掲載されている。

人が創造する素晴らしい芸術「音楽」を、こよなく愛する人へ届ける「指揮者」的存在。
オーディオの果たす役割はとても大きいと思う。
それでいて日々の暮らしに溶け込むインテリアでもあり、家族全員で楽しむ家電でもあったり。

この素晴らしい趣味が広がるには、メーカーさんやメディアからの新しいメッセージの打ち出しも必要だし、
自分のような末端のオーディオファンの心がけも大事だと思う。
この週末、我が家にロードバイクの友人たちが鍋をつつきにやってくる。
それぞれに多趣味であり、音楽も聴くし、使えるお金だって少しはあるはず。

彼らにそれぞれ好きな曲を我が家のシステムで聴いてもらい、
「気持ちよく聴こえるね」と思ってもらえたら本当に嬉しいんだけど。



by higemegaongaku | 2014-02-11 00:58 | オーディオ全般

ハイレゾ音源 の1

f0312912_12020264.jpg
都知事選の投票後、所用を済ませるつもりが積雪で車が出せなかった。
マンションの駐車場を一人で雪かきするのも何なので、今日はこのまま部屋で音楽鑑賞とする。

「ハイレゾ音源」にずっと疑念を抱いている。
最初にダウンロードしたのはビル・エバンスの定番「Waltz for Debby 192kHz/24bit」。
まずこれの印象が良くなかった。自分の耳ではピアノの高い音が耳につき、
大事な中低音も霧散して躍動感が感じられなかった。
続いて手にした「Explorations 88kHz/24bit」「Portrait in Jazz 192kHz/24bit」も同じ印象で、
「Moon Beams  192kHz/24bit」でやっと、CDからのリッピングデータより立体感を感じた。

元の録音が新しければ、もっと差が出るかと思い買ったのが、
ヘルゲ・リエンの「Hello Troll 96kHz/24bit」。
明瞭な高音、沈み込む低音、確かにレンジの広さや解像感など明確な差を感じたが、
CDの方も元々良い音だったので、比べなければCDで十分満足できると感じた。
ハイレゾ版は音の細部が耳に飛び込みすぎて、むしろ少し聴きづらいぐらい。。

ここまででハイレゾ音源に抱いた印象は、期待するほど音が滑らかでないこと、
鮮烈さは感じるものの時に高音が耳につき、躍動感は必ずCDより後退してしまうこと。
結果としてハイレゾ音源はHDDの肥やしになり、元の「44.1kHz/16bit」ばかり聴いていた。

「歌ものだとどうだろう?」

人の声ならもっともっと差が分かるかもしれないとダウンロードしたのは、
ダイアナ・クラールの「Quiet Nights 96kHz/24bit」。
ところがこれでハイレゾの印象が決定的に悪くなってしまった。
ダイアナの声もバックの音も同じような緩い音色になってダラダラと流れてしまう。

CDからリッピングしたデータは、多少音が固いものの歌声は生々しく、
バックの演奏も立体的で生き生きと鳴る。なにしろこっちの方がずっと音に厚みがある。
車で聴くiPod用にCDのリッピングデータを捨てて、ハイレゾからダウンコンバートした
「44.1kHz/16bit」のデータを作ったが、そっちを捨てて元のリッピングデータを残してしまった。

「逆じゃなくて!?」

これだと雑誌やネットで書かれている情報とまるで正反対である。
どんなに物理的な情報量が多くても、楽しく聴けなければまるで意味を感じない。
「SOULNOTE sd2.0」を導入してから、ハイレゾ音源も本領発揮かと思ったが、
聴き続けてみると大きくは先に述べた印象と変わらなかった。

ブルーレイのソフトはDVDとセット販売のものも多い。
ピクセル数の違いによる映像の緻密差は言わずもがなだが、聴き比べると音質の差も圧倒的に違う。
歪んで広がりの少ない「Dolby 5.1」や「dts 5.1」に比べると、
「Dolby TrueHD」や「dts-HD Master Audio 」は、澄み渡るような鮮烈感と迫力に溢れている。

映像品質が高まれば音の方も見合うレベルである必然があるのかもしれない。
ただ音楽だけを聴くのならCD規格ぐらいの情報量が適切で、
音楽の躍動感を抑えるほど細かい音や滑らかな音は必要ないのかもしれない。

よく言われる「CDを超える情報量による高音質」がそうだとしたら、
対応するDDCもDACも持つ自分としては、その恩恵をもちろん受けてみたい。
ただハイレゾデータに比べると、自分が買うJAZZのCDは2/3から1/3の価格。
それで十分というか、むしろ好ましい音が出てしまう。
「じゃCDでいいじゃん」とは思うのだが問題が一つ。

CDを持ってなくて最初からハイレゾで買ったアルバムは判断がつかなくて困る。
例えばヘルゲ・リエンの「Natsukashii 192kHz/24bit」は、素晴らしい音質だと思うが、
これがハイレゾの恩恵なのかどうかが分からない。
ビル・エバンスへのトリビュート「Memories of Bill Evans」もそうだ。
もちろんそれを確かめるために改めてCDを買うつもりはない。
ちなみにiPod用にこれらからダウンコンバートした「44.1kHz/16bit」は、
元のハイレゾデータより単純に音質が落ちているように聴こえる。

自分自身で決めるべきことではあるが、何せ耳に自信がない。
というか比べればその「違い」は分かるが、どっちが良いのかで迷う。
他の方は、ハイレゾ音源をどういうスタンスで捉えているのだろう?


by higemegaongaku | 2014-02-09 17:16 | オーディオ全般

CD購入

f0312912_08434916.jpg
出張から帰ると予定通り注文したCDが届いていた。

今回から自分の買物ルールを変えてみる。
今までは欲しくなったタイミングでさみだれに注文していたが、
今後は月頭に上限を「10枚」としてまとめて買うことにする。
「Mac mini」導入により、リッピング〜データ管理が少しだけ面倒になったこともあるけど、
何と言うか少し「自制」してみようと思う。。

購入したのは以下のアルバム

・Bill Evans「A Simple Matter Of Conviction」
・Bill Evans「Alone」
・Bill Evans「Empathy」
・Bill Evans「Intuition」
・Bill Evans「The Paris Concert, Edition One」
・Bill Evans「The Paris Concert, Edition Two」
・Eliane Elias「Around The City」
・Eliane Elias「Brazilian Classics」
・Eliane Elias「Eliane Elias Plays Live」
・Eliane Elias「Kissed By Nature」
・Eliane Elias「The Three Americas」

数えてみると11枚、早くも一枚オーバーしていた、、
新しいUSBケーブルを買わなかったので許容範囲としよう。

所有の「ビル・エバンス」はこれで27枚だけど、コンプリートにはまだ遠い。
最近「マーク・ジョンソン」にはまってるので、
今まで聴かなかった最後期のものを含めて買ってみた。

「イリアーヌ」の方はこれで11枚。エバンスより先に、昨晩から何枚かを聴きはじめている。
「ダイアナ・クラール」もいいけど、最近は彼女の虜になっている。
流れるようなピアノのフレーズ、透明感があって滑らかな歌声、ボサノバを含む多様な音楽性。
出張中もすでに持っていたアルバムを聴きまくっていたので、どうかと思っていたがまるで飽きない。

外は大雪だが、これから所用で車を出さなければいけない。
四駆でスタッドレスと車に不安はないが、滑って痛打を受けそうな自分にビビっている。。








by higemegaongaku | 2014-02-08 09:51 | オーディオ全般