タグ:オーディオクエスト ( 2 ) タグの人気記事

Audioquest YUKON エージング

f0312912_13252900.jpg
付けた瞬間は、「GO-4」と同じ傾向に感じたオーディオクエストの「YUKON」。
緻密で立体的で彫りが深いと思ったが、すぐに最初の試練が始まった。
スピーカーケーブルに加えて、ラインケーブルまでシャープな傾向だと、音がやたらと耳に刺さる。

10日間ぐらい聴き続けて、一度元のアキュフェーズ純正に戻してみたが、
それはそれで地味に聴こえるというか、低音が寂しくて物足りない感じが否めない。
まだまだ判断はできないと思いつつ、いい加減聴き疲れてきた先週の日曜日。

この感じ久々。。

甲高かった高域が心地よく落ち着いて、パリパリと張り詰めていた中域がノビノビと広がって、
引っ込んで散っていた低域がぐっと前に張り出してきて。
SOULNOTEセットでも何回か来た現象。徐々にではなく、割と唐突な音の変化。
しばらく聴かないで耳を休めようかと思った翌日のことだったから、
一人可笑しくて笑ってしまった。

エージングは機器側よりも自分の慣れという意見があるけど、
ある日を境にこれだけ傾向が変わるとそうとも言えない。
DBSの無いタイプだから、エージングは普通に一ヶ月以上かかると思ってたけど、
とりあえず良い方向に早めに転化したようで一安心。
「DP-410」や「GO-4」のエージングも進んできた結果かもしれない。
f0312912_13563428.jpg
クラフトワークのリマスター盤は音が本当に良い。昔買った「人間解体」もやはり買い直す必要がある。
マルチン・ボシレフスキの新作「Spark of Life」は、相変わらず精緻な演奏と澄み切った音色。
寒い冬はピアノトリオがよく似合う。





by higemegaongaku | 2014-12-23 14:03 | アクセサリー

Audioquest YUKON 導入

f0312912_21114553.jpg
まだまだ音が良くなるんじゃないかと思わせる、アクセサリーの抗えない誘惑。
「GO-4」に続いて、またもオーディオクエストのケーブルを買ってしまった。
今度はRCAの「YUKON」で、DBSがついてないタイプの上位モデル。
もちろんDBSタイプも考えたが、機器と壁の間が狭いので邪魔になりそうだったのと
やっぱり新しいモデルだと値段がけっこう高いので諦めた。

アキュフェーズ純正の上位ケーブル「SRシリーズ」を自宅試聴した結果、
好みの問題で「DP-410」付属の青ケーブルで行くつもりだったが、
「GO-4」をつないでから、何かラインケーブルをネックに感じてしまっていた。
「気のせいだよ!!」と思わないでもないが、止める人も居ないので、
速やかに実行に移してしまった。今年は本当にこれで打ち止めにしよう。。

箱から出した「YUKON」の第一印象は「ヒョロヒョロ」、思ったよりは太くない。
ケーブルは単線だし設置スペースは狭いしで、太くないのはむしろありがたい。
手触りというか柔軟性は「ゴワゴワ」、手持ちのUSBケーブル「Carbon」もそうだが、
内側の芯線でどうにでも形づくれるような針金フィーリング。
あと、プラグが小振りでメタリック調の樹脂製。
小振りなのはスペース的に歓迎だが、樹脂の質感は値段の割に残念。
恐らく音質的な意味があってのことだと思うのでしょうがないか。
f0312912_21120669.jpg
早速プレーヤーとアンプ間につないだが、プラグ同士の噛み合わせがかなりきつい。
滑らかに差し込め、しっかり噛み合う付属青ケーブルとはここも大分違う。
交換した瞬間から明確な音質向上があった「GO-4」に比べて「YUKON」はどうだろう。
ラインケーブルとスピーカーケーブルでは効果の度合いはどう違うだろう。
同様に向上するか、殆ど変わらないか、バランスが崩れて付属より悪くなるか?
DBSの付かない「YUKON」の実力は、しばらく聴いてみてから判断したい。

by higemegaongaku | 2014-12-01 21:20 | アクセサリー