<< 混合戦 師走のオーディオ >>

Audioquest YUKON エージング

f0312912_13252900.jpg
付けた瞬間は、「GO-4」と同じ傾向に感じたオーディオクエストの「YUKON」。
緻密で立体的で彫りが深いと思ったが、すぐに最初の試練が始まった。
スピーカーケーブルに加えて、ラインケーブルまでシャープな傾向だと、音がやたらと耳に刺さる。

10日間ぐらい聴き続けて、一度元のアキュフェーズ純正に戻してみたが、
それはそれで地味に聴こえるというか、低音が寂しくて物足りない感じが否めない。
まだまだ判断はできないと思いつつ、いい加減聴き疲れてきた先週の日曜日。

この感じ久々。。

甲高かった高域が心地よく落ち着いて、パリパリと張り詰めていた中域がノビノビと広がって、
引っ込んで散っていた低域がぐっと前に張り出してきて。
SOULNOTEセットでも何回か来た現象。徐々にではなく、割と唐突な音の変化。
しばらく聴かないで耳を休めようかと思った翌日のことだったから、
一人可笑しくて笑ってしまった。

エージングは機器側よりも自分の慣れという意見があるけど、
ある日を境にこれだけ傾向が変わるとそうとも言えない。
DBSの無いタイプだから、エージングは普通に一ヶ月以上かかると思ってたけど、
とりあえず良い方向に早めに転化したようで一安心。
「DP-410」や「GO-4」のエージングも進んできた結果かもしれない。
f0312912_13563428.jpg
クラフトワークのリマスター盤は音が本当に良い。昔買った「人間解体」もやはり買い直す必要がある。
マルチン・ボシレフスキの新作「Spark of Life」は、相変わらず精緻な演奏と澄み切った音色。
寒い冬はピアノトリオがよく似合う。





by higemegaongaku | 2014-12-23 14:03 | アクセサリー
<< 混合戦 師走のオーディオ >>