<< 超薄型制振シート 新しいCDプレーヤー >>

オーディオボード

f0312912_14101517.jpg
今さら、というか最初にやるべきというか、モーツァルトの下にオーディオボードを入れてみた。
寝室のCM5は専用スタンドに砂を詰めているのでさほどでもなかったが、
エンクロージャーからスパイク直のトールボーイだと、床には結構な振動が伝わってしまう。

選んだのはサイズと価格が手頃で、モーツァルトのチェリーに合う色味と思われる
クリプトンのオーディオボード「AB-500 マホガニー」。
ネットで買ったので著しく色が違っていたらと心配したが、十分に許容範囲だった。
SOULNOTEセットで使っている、いつものウォールナット無垢材も考えたが、
最大の振動源となるスピーカーの足元ということで無難に市販品にした。

結果としては低域の混濁が無くなるとともに全域的に大幅に音質が向上。
やったほうがいいレベルではなく、必ずやるべきセッティングだったね。。
こんなに壁にスピーカーを寄せているにも関わらず、前後の立体感さえ出はじめた。
f0312912_14102130.jpg
アキュフェーズ「DP-410」と「E-360」の下は、いつものウォールナットを注文。
床に直でなく、ラグ用の滑り止めネットを間に挟んでいる。
こっちのボードは少し後から入れたけど、高音が少し落ち着いて聴きやすくなった。
ただ、いかにも「板」という感じなので、エッジの面取りを深くするなり、
上に制振シートを貼るなりして見た目と機能性を高めていきたい。
こっちも市販のボードに変えたほうがいい気もするが、、
f0312912_14101856.jpg
ともかく、床置きでなくなって機器たちも一息つけたか?


by higemegaongaku | 2014-10-26 14:37 | アクセサリー
<< 超薄型制振シート 新しいCDプレーヤー >>