<< スピーカーケーブル オーディオ専用ルーム >>

Vienna Acoustics Mozart Grand Symphony Edition の1

f0312912_23105052.jpg
頭の中をいくつかの機種がめぐりながら、つよい衝動とともに手に入れてしまった
自分にとって「かなり高級」なオーストリアのスピーカー

聞き始めたばかりのクラシックにウエイトを置きつつ、大好きなジャズヴォーカルを聴くために。
お気に入りだけど硬質な印象のブックシェルフ「B&W CM5」とはまた違う、
「柔らかで」「澄みきっていて」「温か」な音質を求めて。

メインシステムの「SOULNOTEセット」より大幅に劣るであろう「TEAC+HEGEL」チームの
ウィークポイントを十分に補いつつ、新しい体験をさせてくれるようなトールボーイタイプで、
出張の長時間運転で疲労した心と体をアコースティックに癒してくれるようなスピーカー。

そんなイメージを思い浮かべながら決定したのがこれ。
ブランドネームに「Acoustics」と入っているし、まさかに刺激的な音は出ないだろうと視聴にGO。
プレーヤーやアンプは聞き慣れたSOULNOTEで行いたかったが、
今は無いということなのでラックスマンの上位機種プリメインの組み合わせ。
SOULNOTEと大分違う方向のメーカーではあったけど、値段も立派なら音もたしかに立派。
持っていたスールヴァイグ・シュレッタイエルのCD「DOMESTIC SONGS」が、
とてつもなく素晴らしい美音で視聴室に鳴り響く。

ラックスマンの影響大きいよな。。と思いつつアンプのみ方向性が異なるプライマーに変えてもらう。
「これ同じスピーカーか!?」と驚くほどの音の変化に戸惑いながら、
スピーカー独自の音の色づけでなく、上流の変化を意外なほど反映してくれることにいたく感心。
事実、CDプレーヤーとアンプ間のRCAケーブルの変更でも相当に音の変化が認められた。

せっかく思い切った買物をするのだからと、他にもより高額なディナウディオ「FOCUS 380」を
アトールのCDプレーヤーとプリメインアンプの組み合わせで聴かせてもらう。
音の印象は「実にまっとう、実にダイナミック」、でも今回はそんなストイックさは必要ない。
次に豪華なエンクロージャーを纏ったB&W「805 Maserati Edition」をクラッセとの組み合わせで聴く。
アンプが温まってないと聴かされてはいたものの、期待した印象より遥かに音が硬い。

どちらにせよ、店に入る前から心は決まっていた。どうしようもないぐらい期待と異ならなければ、
古くも新しくもない佇まいと質感、六畳間でギリギリサイズのトールボーイ「Mozart」で行こうと。
鳴らしはじめてまだ十何時間ぐらいだろうか。部屋の調音はまだこれからだけど、
何回か試して決めた設置位置は、後壁との距離約30cm、左右壁との距離はカーテンのある右が77cmで、
壁が一部へこんだ左が130cm。スピーカー間の距離が175cmで、視聴位置との距離は175cm。
スピーカーの存在感がかなりあるが、ずっとやってみたかった正三角形のポジション。
f0312912_23104703.jpg
「Mozart」が来る前に、B&W「CM5」とTEAC「AG-H600」をつないでみたが、
「やせて、乾いて、詰まった」その音に一気に不安が訪れていた。
しかし、「Mozart」が来てみると、それは杞憂にすぎなかったことにすぐ気づく。
「オーディオの要は音の出口となるスピーカー説」を実感できる広い音場と、澄んだ高音に厚い中低域。
おかげで我が家のメインであった寝室セットが、王者の座からずり落ちてしまった。
スピーカーの性能もそうだろうが、オーディオに特化した部屋のレイアウトも大きい。
こっちは、こっちで家具やスピーカーの設置を見直してしっかり返り咲かないと。。



by higemegaongaku | 2014-07-24 00:36 | スピーカー
<< スピーカーケーブル オーディオ専用ルーム >>