<< 雑誌の付録 気になること >>

音を聴くとき、聴かないとき。

f0312912_22584672.jpg
来週末から12日間、インドへ行く。

むろんその間自宅のオーディオシステムで音楽は聴けない。
目的が自分の所属する写真表現チームの活動なので、自分自身のモードも創作メインに切り替える。

今日は、準備の仕上を行いつつ自宅でイリアーヌを聴きまくっていたが、
しばらく日本食が食べれないと思うと、焦りが出てきて近所の居酒屋に行ってきた。
ここのところ気に入っているその店は「野菜の肴で日本酒を旨く飲ませる」がコンセプトで、
行くたびにその季節の食材を使った滋味深い料理が食べられる。

酒も肴も気に入っているが、店内に一切音楽が流れないのも印象深い。
その変わりに耳に入る客同士の会話と、店主の包丁の音が混じり合って
何とも言えないアンビエント効果をもたらしてくれる。
ヘビースモーカーの自分もこの店に居る時は、殆ど吸わずに野菜と酒の妙味を堪能している。

ほどほどで店を後にして、家に帰り再び音楽を鳴らすと、これがまた何とも気持ちいい。
たかだか数時間聴かなくてもこれだけ新鮮に聴けるのたがら、
3月中旬に日本に戻ったときはどれほど心に染み入るのだろう。



by higemegaongaku | 2014-02-22 23:14 | オーディオ全般
<< 雑誌の付録 気になること >>