<< リメイク映画 冬のブルーレイ >>

SOULNOTEラック自作の4

f0312912_23133462.jpg
今年も残すところわずか。
何日かに分けての大掃除に集中しなければいけないのだが、
年が明けてから手をつけようと思っていたラックの仕上に着手してしまった。
手を入れたところはボードの角面取り。
注文時に自分の発注ミスで、一辺だけ入っていたのが気持ち悪くてしょうがなかった部分だ。
自分で手を下せばボロボロになることを懸念し、どこか職人さんに頼むか、
いっそ発注し直すか悩み抜いたが、仕事が始まれば時間に余裕がなくなるし、
新しいのを頼めば今の板が無駄に余ってしまう。。
目の前にある板の木目の表情も非常に気に入っているので、意を決してセルフで挑戦することにした。
f0312912_23224755.jpg
結果は写真の通りで、自分でやったとは信じられない程きれいに仕上った!!
木工に手慣れた人ならことも無い作業かもしれないが、
元々が不器用でビギナーの自分にとって、7mmの面取りは非常に厳しい。
ここに至るまでに、面取りカンナを4種類も購入し、端材を使った練習を何度も繰り替えしている。。
f0312912_23301843.jpg
ハイライトが当たった面の表情が何ともいえない。
カンナで削るだけでは綺麗な面が出ないので、番手を変えたペーパーがけも丁寧に行った。
カンナやワックスなど道具代はかかったが、使用した材料費だけでいったら4万円ぐらい。
ウォールナット無垢材の存在感を含め、市販ラックとして買ったら結構な金額になりそう。
f0312912_23363598.jpg
4万のうちの1万がこの「J1プロジェクト」のスパイク受けだが、
どうでもいいPCデスクに付いてる足のように見た目が安っぽい。。
暗くて見えないが、その上に乗っているのは黒染めの袋ナット。
クアドラのスパイクパーツの転用も考えたが、全高をなるべく抑えたかったのでこれにした。
せめてもの気持ちで、ナット内には趣味のロードバイクのグリスをたっぷり充填して鳴き止め。
板厚も上下板の連結方法も変えてあるので、Virsion1に比べてこれらが音に貢献しているかは全く不明だが、
当面はこれで行くつもり。
何より腰痛持ちには致命的な中腰を多用したので、腰と背中が砕けたように痛い。。



by higemegaongaku | 2013-12-30 23:51 | オーディオラック
<< リメイク映画 冬のブルーレイ >>