<< オーディオラック SOULNOTE sa1.0 の3 >>

SOULNOTE sa1.0 の4

f0312912_00344207.jpg
「SOULNOTE sa1.0」をネットオークションで良く見かける。
自分の大切にしている機器を手放す人がいるのはちょっと寂しい。
実際、このアンプの魅力って何だろう。

同ブランド製品の中で最も安い機器であり、コンパクトなプリメインアンプ。
これは自分のように初心者には入りやすい部分だ。

ヘッドフォンアンプとしても使えるばかりか、2系統のプリ出力を備えたプリアンプとしても使える。
自分はヘッドフォンで聴かないけど、いつか使えると思うとそれはそれで嬉しい。
また、実際にパワーアンプ「sa4.0」と組み合わせることでプリとして活躍させている。
単体とコンビのそれでは全く違う次元の力感を備えて実に頼もしい。

じゃ難しい点は?
やはり8Ωで能率の高いスピーカーが守備範囲であることなのかな。
しかも、上の数字をクリアすれば単純にOKという訳ではないらしい。
自分も8Ω 89dBの「iQ30」を繋いだけど「ss1.0」と合わせた時の片鱗さえ見せてくれなかった。
でも自分にとってこのことは、マイナスばかりではなかったと考える。
普通のプリメインアンプを買ってたら、疑問も苦労もなく普通のスピーカーを鳴らしていたかもしれない。
でもあの苦労がなかったらΩも能率も最大出力も気にしなかったし
ここまでオーディオに興味を持たなかったかもしれない。
小気味のいいスピード感や、キリっとした高音にも出会えなかったし
比較的低価格でセパレートアンプを使う喜びも味わえなかったかもしれない。

逆に言うとビギナーには、甘い顔を見せない優秀な教師だし、
オーディオのベテランなら、使いこなしがいのあるこしゃくな奴なのかもしれない。

「sa1.0」は今もSOULNOTEブランドでは唯一のプリアンプ役を兼任している。
「Fundamental LA10」は、性能も値段も弩級みたいだから全くバッティングしていない。
個人的には、スピーカーとの相性で悩んでいる人こそ、手放す前にぜひ「sa4.0」と組み合わせて欲しい。
そして、その良さをバーで語り合いたい!
現行機種で唯一のプリとパワーと考えると、どう考えても組み合わせざるを得ないはず。
メーカー自体、この組み合わせをどう思っているのかマジではっきり言って欲しい!

自分はかなり長い当面、このセットを大切にしながら聴き続けるつもり。
以下にリクエストするようなアンプが出ない限りは、

■SOULNOTEブランド初の純プリアンプ
■LA10のスピリット注入
 「電圧ゲイン0dB」のプリを使ってみたい。今だと10時でかなりの爆音だし
 「sa4.0」はもっと気持ちよく鳴る気がしてならない。
■Fundamentalのエッセンスを取り入れたボディ
 最新トランスポートの「ct1.0」が羨ましい! スマートシリーズであれだけやけに質感が高い。
■バランス入力 × 2系統以上
 バランス入力が複数あれば、自分みたいにsc1.0のアナログパランス出力と
 バランス出力を備えたDACを別々につなげて楽しめる。
 「cd1.0」や「dc1.0」を使って来た人たちも、最新の「sd2.0」と併用ができる。
■プリ出力もバランス系統を追加
 プリまでバランスで来てるのに、ブランド唯一のパワーとアンバランスで繋ぐのがやはり寂しい。
 大体BTL接続というのも今のままだとできない。(自分はしなくてもいいけど)
■価格は30万ぐらいだとありがたい。

好き勝手書いたけど、こんな都合良くは出ないだろうな。。
でも仮に出たとして、プリの役目を果たした自分の「sa1.0」はどうなるのか?
その時こそ、個性的なプリメインとして相性ばっちりのスピーカーを伴侶に
小音量から実用音量の高音質をあらためて楽しんでみたい。


by higemegaongaku | 2013-11-13 01:31 | アンプ
<< オーディオラック SOULNOTE sa1.0 の3 >>