<< SOULNOTE sa1.0 の2 SCANSPEAK 50mm >>

SOULNOTE sa1.0 の1

f0312912_20232378.jpg
自分が初めて手にしたSOULNOTE製品はこの「sa1.0」。
ホームシアターを入れ替えた後、寝室ではちゃんとしたステレオで聴きたいなと思ったのが始まり。
それまでは、事務所で使っていたBOSEのコンポにセットされていたスピーカー「AM-5 II」を
小さな1705IIにつなぎ、ソースはAirMacから安いポータブルDACに繋いで流していた。
比較する対象もなく、よくは分からなかったけど、こんなんじゃ駄目だよなという気持ちとともに。

素人なので元々何も知らないけど、ネットで少し下調べしていると
しょっちゅう検索に引っかかってくるのがSOULNOTEの話題。
読めばファンとアンチの論争の活発なこと活発なこと。
また代表者である「鈴木さん」の固有名詞がこれだけ出てくるのも珍しく感じたので、
実際に聴いてみたくなり最寄りのオーディオショップを訪れた。
最初に買おうと思ったのはアンプ。
今考えるとずいぶん恥ずかしいが、CD的なものが入る機器はブルーレイプレーヤーやPCなど
今までも身近にあったし、スピーカーという物もいくつかは所有していたこと(全てBOSEだが)。
本格的にオーディオやるには、絶対ちゃんとしたアンプを買わなければという妙な思い込みがあった。

アンプを試聴したいことを店員さんに告げてすぐ聞かれたのが
「スピーカーは今何使っているんですか?」の一言。
えっ、そんなこと申告しないと駄目なの? と思いつつ「BOSEのこれこれです」と告げると、
彼に浮かぶ「あ〜そんなんかぁ」的な表情(今考えると無理無いか)。
さらに恐る恐る「今日必ず買うことになるかは分からないのですがいいですか?」と聞くと
「それは当たり前ですよ、安くないものですからしっかり聞いて決めてくださいね」の一言。
なんてナイスガイなんだ! と気分も良くなり、絶対今日この店で買うと心に決めた。

ラックに並ぶ多くのアンプの中から試聴をお願いしたのは、ある程度目安を付けておいた
「LUXMAN 505ux」「ATOLL IN100SE」「SOULNOTE sa3.0」「SOULNOTE sa1.0」の4台。
CDプレーヤーはCECの何かで、スピーカーはB&WのPM1。
このときPM1に対しては個性的な形や質感の高さもあり、こんなのいいなぁと単に憧れていた。
試聴ディスクは自分で持ち込んたビル・エバンスの「INTERPLAY」。
もの凄く気に入っている表題曲の「INTERPLAY」のみに絞って試聴開始!
■LUXMAN 505ux → どこをとっても惚れ惚れするような良い音。PM1とこれで聞けたら何も言うことなし!
■ATOLL IN100SE → ラックスマンから高音を抑えて、低音の躍動感を強調した元気な感じ。
■SOULNOTE sa3.0 → 上の2機種に比べるとなんか固くて冷たい感じ??
■SOULNOTE sa1.0 → 非常に痩せた音で聞きづらい感じかな。。
今考えると低能率のPM1にsa1.0はミスマッチだったと分かるが、
この時点ではSOULNOTEのアンプでなくて、他のにした方がいいのかと心が揺らぎ始める。

あんなに多くの人が議論するブランドの音がこんな感じ?
再度、スタッフの方に「今度はプレーヤーからスピーカーまで全部SOULNOTEで聞けますか?」と聞くと、
あそこの試聴室にセットしてますよ、良かったらお一人でどうですか?」と実にありがたいお言葉。
この試聴で話は一気逆転するが、長くなったので続きは「その2」で書くことにする。

ちなみにずっと付き合ってくれているスタッフのお兄さんに
「普段はどんなの聴かれてるんですか?」と聞くと「マイケルジャクソンですね」と即答。
オーディオショップのスタッフにしては予想外の答えに「そなんですね…」と話は続かなかった。
(嫌いじゃないが)



by higemegaongaku | 2013-11-11 00:03 | アンプ
<< SOULNOTE sa1.0 の2 SCANSPEAK 50mm >>