<< SOULNOTE sa1.0 の1 SOULNOTE sc1.0 の1 >>

SCANSPEAK 50mm

f0312912_00142343.jpg
初めて訪れた「東京インターナショナルオーディオショー」。
様々なブランドがアピールするオーディオ機器の数と金額に圧倒されながら、
お土産で買って帰ったのはスピーカーキット付きの「Stero」誌のバックナンバー。
「最終日なのでちょっと安いですよ!」って売り場のお姉さんは言ってたけど、
「最終日だから安いって、、これ8月号だから売れ残りですよねっ」とまでは言わなかった。
f0312912_00253350.jpg
組み立てに必要なボンドやら塗料やらを仕入れるために「くろがねや成城店」に出向く。
ホームセンターってオーディオ視点で見ても本当にヒントの宝庫だ。
f0312912_00430184.jpg
システムのセッティングに使っているツールボックスもスタンバイ済。
f0312912_00283658.jpg
不器用さに絶対の自信を持つ自分は、仕上がりに技術が必要なニスなどは避け、
染み込ませるタイプの「水性ステイン」でムラを回避する戦略。
さらっと一回塗るぐらいが、自然な半ツヤで良かったなぁと気づいたのは、
調子に乗って塗り重ね、妙なツヤとムラが出始めた頃。。
f0312912_00331374.jpg
「清潔第一」をモットーに挑んだ我が手は、もうすでにベトベト。
「自分史上最高の作品をつくる」の誓いも「音さえ出ればいいか。。」と一気にトーンダウン。
f0312912_02153865.jpg
音漏れをビビるあまり、てんこ盛りで塗ったボンドも盛大にはみ出ましたが、
開始から5時間後にともかくエンクロージャーが完成(雑誌では3時間ぐらいが目安と書いてたような)
f0312912_00402990.jpg
スピーカーケーブルには、余っていた「ベルデン8460」を使用。
スピーカースタンドやスパイクの代わりになるような小物も用意してます。
f0312912_00473716.jpg
最後にセットして完成!

アンプは押し入れで休眠していた「BOSE 1705 II」が適任。
最初はiPhoneのイヤホンジャックからアナログで入力したけど、
プレーヤーとして先日sc1.0に撃墜されたHEGELのDAC「HD11」がここで復活。
スピーカーとの価格差、実に17倍なので本人は拗ねてるでしょうが、
さすがにこのスピーカーでもiPhoneとの音質差は圧倒的。
AirMac Expressから光デジタルで受けてのAirPlayがやはり快適。

肝心のスピーカーですが、鳴らし始めでも高音の美しさが印象的で、
ジュリー・ロンドンやサラ・ヴォーンなんかがぴったりくる。
このままダイニングテーブルに置いて、朝コーヒーを飲む時や
夜、一人でウイスキーを飲む時なんかに使うつもり。


by higemegaongaku | 2013-11-10 01:19 | スピーカー
<< SOULNOTE sa1.0 の1 SOULNOTE sc1.0 の1 >>