<< SCANSPEAK 50mm はじまり >>

SOULNOTE sc1.0 の1

f0312912_02274371.jpg
近々また変化を加える予定ですが、現在の自分のシステムは、
上流からCDプレーヤーが「SOULNOTE sc1.0」、プリアンプとして「SOULNOTE sa1.0」、
パワーアンプが「SOULNOTE sa4.0」、そしてスピーカーが「B&W CM5」。

SOULNOTEシリーズが好きな理由は、おいおい書くとして
この中で一番新しく仲間入りしたのが、単体CDプレーヤーの「sc1.0」。
PCからの入力やハイレゾソースは?
もちろんやってました。つい先日まで。。
MacBook AirからDDCを経て同軸デジタルでDACへ、以前に使っていたCDプレーヤーも
トランスポートとして同じDACへデジタル接続。
ついでにAirMac Expressからの光デジタル経由でAirPlayの楽々リスニングも。

しかしたまたま縁があって手にした、2010年製のプレーヤーで聴く普通のCDの音が、
少し集めていた192kHz/24bitの音源をDACを通して聴く音を
木っ端微塵に粉砕してしまった。
な〜にがハイレゾ? な〜にが繊細!! このCDの奏でる音の方が
比較にならないほど鮮烈で躍動的、よほどハイレゾという言葉にふさわしい。
しかも悔しいことにボロ負けしてるのは、つい先日までエースを張っていた自分の機材たち。。
決して高い物たちではないにせよ、色々調べて選んだ想いが悲しく頭をよぎった。

とっくに生産中止となったこのCDプレーヤーは、SOULNOTE製品としては入門機の位置づけ。
しかし、ネットでユーザーさん達の評価や評判はすこぶる高く、
実際に自分も2年前に「sa1.0」を導入する際に、合わせての購入も検討していた。
しかし当時の自分は今更CDという気分にもなれず、今のDACを手にするに至った。

素直にこのプレーヤーを買われた方たちの充実していたであろう音楽生活に比べ、
自分は無駄に時間とお金を使った遠回り感で、軽くないブルーのここ数日。。


by higemegaongaku | 2013-11-10 00:06 | CDプレーヤー
<< SCANSPEAK 50mm はじまり >>